BLOG

三大栄養素を知ろう【脂質】

 

今回は三大栄養素の一つ、脂質について詳しくお伝えしていきます。

【脂質】

脂質とは、1gあたり9キロカロリーと、三大栄養素の中でも最も高いエネルギーを得ることができます。

脂質は重要なエネルギー源だけでなく、ホルモンや細胞膜、核膜を構成したり、皮下脂肪として、臓器を保護したり、体を寒冷から守ったりする働きもあります。また、脂溶性ビタミンの吸収を促すなど、重要な役割を担っています。

脂質は私たちの身体にとっては欠かせない三大栄養素の1つです。

しかし、脂質は摂り過ぎると肥満などの原因になるため注意が必要です。

・脂質の種類

脂質は、

単純脂質(中性脂肪、ロウ)

複合脂質(リン脂質、糖脂質、リポタンパク質)

誘導脂質(ステロール類)

3種類に分類されます。

・脂質不足

肥満の原因となる脂質は、敬遠されがちですが、食事の量が少なくなりがちな高齢者の場合は、脂質の摂取量が不足すると、エネルギーが不足して疲れやすくなったり、身体の抵抗力が低下したりする可能性があります。

また、脂質とともに吸収される脂溶性ビタミンが吸収されにくくなり、ビタミン欠乏になるリスクもあります。

 反対に、肥満傾向の人は、動脈硬化、脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病の原因になるため摂りすぎないように注意しましょう。

体に良い油,、不飽和脂肪酸について…

不飽和脂肪酸とは植物や魚に含まれる油です。不飽和脂肪酸は血液をサラサラにしてコレステロール値を下げ、様々な病気への予防にもなります。

不飽和脂肪酸は3つに分類され、オメガ963系に分類されます。

一つずつ役割も少し違うため簡単に説明いたします。

オメガ9

 火に強い為調理する際など日常的に使いやすい油です。適度に摂取できると良いです。

代表的な食材はオリーブオイルです。サラダ油の代用として使えると良いですね。

その他にはマカダミアナッツオイル、ひまわり油、なたね油、マカダミアナッツオイル等があります。

オメガ6

体内で生成する事ができない為食事から摂取する必要のある必須脂肪酸です。こちらも適度に摂取することをお勧めいたします。一般的に流通している植物性の油はこちらのオメガ6が多いです。食材はサラダ油やごま油等がこちらに分類されます。

オメガ3

最後にオメガ3系です。こちらの油は飽和脂肪酸の中で最も積極的に摂取することをお勧めいたします。

効果としてアレルギーの抑制、血圧を下げ血栓の予防、記憶力の向上で頭が良くなる、動脈硬化などの血管系の疾患の予防、血糖値の改善からのダイエットへの効果もある等、本当に多くの良い効果があります。

食材はサバ、イワシ、サンマ、牡蠣、くるみ等です。