BLOG

デッドリフトの効果、やり方

 

 

今回はウェイトトレーニング“BIG3”でもご紹介したデッドリフトについて更に深くご説明していきます。

デッドリフトは主に上半身、下半身のトレーニングどちらにも分類されます。

主動筋としては、

・脊柱起立筋

・広背筋

・ハムストリングス

・大臀筋

 

【フォーム】

・グリップの手幅は肩幅と同じくらいに握って頂き、お尻を落とし、背中は丸めずイメージとしては背中に1枚の鉄板が入っているイメージで真っ直ぐにした状態のまま、足裏で地面を蹴り起き上がります。

起き上がった際、しっかり肩甲骨を(下制)下げること。

肩甲骨を寄せるのではなく、下に下げることによって脊柱起立筋だけでなく、広背筋の収縮まで得られます。

 

・動作中は母趾球体重や踵体重にならないように、足裏全体で地面を蹴るイメージで行ってください。

 

・グリップの握り方は

オーバーハンドグリップ(バーベルを上から握る)持ち方がベストですが、握力が弱い方は、

オルタネイトグリップ(右手は順手、左手は逆手で握る左右反対の握り方)で握って頂くやり方がオススメです。

【呼吸】

バーベルを上げる前に思いっきり息を吸い、止めてバーベルを上げます。

バーベルを降ろす際は息を吸いながら、もしくは止めて降ろします。

 

 

是非、皆さんもデッドリフトをやる際は意識してみてください!