BLOG

毎日筋トレしたら効果がでない!?

 

 

皆さんは1週間でどのくらいトレーニング、運動をされていますか?

1回?

2回?

毎日?

人それぞれ運動をされている日数、時間は違うと思います。

 

皆さんは超回復という言葉をご存知でしょうか?

筋肉を効率よく成長させるには、運動と栄養、そして休養のバランスが重要になります。

そんな中でも、休養に関する重要な理論の一つが「超回復理論」です。

トレーニングや運動を行うことによって起こる、エネルギーの枯渇や筋線維の損傷、または蓄積する疲労など、身体にさまざまなストレスがかかることで、一時的に体力は低下します。

その後、適切な休息をとることで筋肉が回復していき、その結果として筋力の向上や筋肥大などの成果が現れるのです。

トレーニング後に起こるこの現象を「超回復」といい、その理論を超回復理論と呼びます。

超回復は一般的に、トレーニング後4872時間(2日~3日)の休息が効果的とされています。※個人差によります。

 

休息をとらず、48時間よりも短い間隔でトレーニングを行ってしまうと、筋肉が十分に回復する前に再び筋肉が破壊されてしまうため、筋肉が成長しない上、疲労が蓄積してパフォーマンスが向上しません。

 

但し、逆に休息が長過ぎてしまうと、筋力が元の状態に戻ってしまいます。

休息が長くなればなるほど、筋肉はどんどん衰えていくのです。

こちらも個人差があります。

 

超回復の効果を最大限に高めるためには、トレーニングスケジュール(トレーニングの頻度)をうまく作るバランスが必要になります。

 

「超回復が起こる4872時間は休息をとりたい」と考えると、トレーニング後に2日間は身体を休め、回復をさせる必要があるということになります。

 

今後、トレーニングをしていく上で、ご参考にして頂けましたら幸いです。