BLOG

年末年始 食べ過ぎ防止とダイエット

この記事の執筆・監修者
住岡昌恵

住岡昌恵(すみおか まさえ)

管理栄養士、パーソナル栄養士

こんにちは、管理栄養士の住岡昌恵です。

年末年始くらいはゆっくり過ごしたい!家族と、友達と、楽しく飲み食いしたい!そういう時期に突入します。しかし、そんな休みが終わると、あれ!?なんか太ってる??なんて経験ありませんか?そう、正月太りです。

今回は、なぜ太ってしまうのか、どうしたらよいのかをお話ししたいと思います!

 

なぜ正月太りはおこってしまう?

①冬は脂肪をため込みやすい!

外気温が下がると、人間の体は体温を維持するために脂肪を蓄えようとします。それに加え忘年会や新年会、クリスマスなどのイベントごとが増え、普段と違う食生活になりがちです。アルコールが入ると必要以上に食べてしまったり、アルコールそのもののカロリーも加算されるのでカロリーオーバーになりがちです。また味の濃い食事は水分を取り込んでしまい、むくみが出てしまうことも。

②寒さで運動量が減る

寒くなると外にでたり活発に動くことが億劫になってしまい、運動による消費カロリーが減ってしまいます。お正月には、おせちを食べ、お酒を飲み、だらだら過ごすこともしばしば。長期休暇をこのように過ごしていると、筋力が減少してしまうこともわかっています。筋力低下は基礎代謝低下に結びつきます。

冬は元々脂肪をため込みやすく、摂取カロリーが過剰になりやすく、活動による消費カロリーが減ってしまう…まさに負のスパイラル!では、具体的には何に気を付ければよいのでしょう?

食べすぎ注意ランキング!

3位 アルコール!

アルコールは「エンプティカロリーだからカロリーゼロ!」なんて言われることがありますが、それは間違いです。そもそもエンプティカロリーという言葉は、「エネルギーだけで他の栄養素を含まない食品」という意味なので使い方自体が間違っているのです。アルコールは1g7kcalしっかりあります。糖質・タンパク質は4kcal、脂質は9kcalなので脂質の次にカロリーが高いのです。

また、アルコールのカロリーは燃焼しやすく蓄積しにくいとも言われています。しかし、酔いが回ると食べ過ぎてしまったり、日本酒など糖質が多く含まれているものもあります。羽目を外しすぎないように、節度を持って飲むことが大切です。

2位 脂っこいおかず!!

先ほども述べた通り、脂質のカロリーは9kcalと一番高いです。揚げ物や脂質を多く含む肉などは必然的にカロリーが高くなります。しかし、年末年始のイベントやお酒のおともには欠かせないものだと思います。では、どうすればよいのか?

まず、揚げ物は1種類のみ、あとは低カロリーのおつまみなどと決めてみてはいかがでしょうか?また、肉を使うときは、脂身の少ない部位を選ぶようにしましょう。鶏肉なら皮をとる、豚・牛ならバラ肉よりヒレ肉・赤身を選ぶなど。少しの心がけで、正月明けの自分の体が変わってくるはずです!

1位 糖質!!!

最初に言っておきますが、糖質を悪者にしたいのではありません。食べ過ぎが問題なのです。そもそも日本人は糖質を摂りすぎてしまいがちです。そこへきて年末年始の食事には糖質が溢れています。クリスマスケーキ お雑煮のもち お酒 etc…また、おせち料理はそもそもが保存がきくように出来ているため、砂糖や塩分が多く含まれています。これらはすべて年末年始の楽しみですよね?なくしてしまっては、なんと味気ない…ではどうするか?

こちらも量をはじめから決めてしまいましょう。お酒は2杯まで、お餅は1日1個など。自分で許容できる量は人それぞれ違います。我慢しすぎてしまうとかえってどこかで爆発してしまう危険性があります。ポイントは、普段の食生活から大きくずれるような食事をしないことです。これなら無理なく減らせる!というものを見つけていきましょう。これを食べたから太った!これを摂れば痩せる!という食品はありません!!すべては、量とバランス、です!!!

やっぱり運動も大切!

これまで食事のことを中心に話してきましたが、やっぱり運動も大切です。とはいえ、寒いと外に出るのは億劫でですよね?では、家の中で出来ることを探してみませんか?例えば大掃除!家をピッカピカにできるチャンスです!例えば子供やペットと遊ぶ!絆を深めるチャンスです!

このように、ちょっとした工夫で正月太りは防げるのです。だらだらして代謝が落ちてしまうのを少しでも食い止めるのです。ゆっくりすることも大切、シャキシャキ動くことも大切。メリハリを持って生活しましょう!

来年の正月明けはダイエット初め

外は寒いし、たまのまとまった休みだらだら過ごしたい、羽目を外したい…気持ちはとてもよくわかります。私もまったくそう思います。それなら、来年の正月明けこそダイエット始めませんか?実は、これまで黙っていた大切な真実が一つあります。それは…『冬は代謝が高くなり、脂肪を燃やしやすい』という事実です!!

確かに、脂肪はため込まれるし、筋肉が減れば代謝は落ちてしまいます。しかし、体温が下がらないように基礎代謝は上がるのです。太る原因は人それぞれあります。痩せ方も人それぞれ違います。

この冬こそ、その人に合った痩せ方が出来る、パーソナルトレーニングデビューしてみませんか?自分らしい生活をしてくださいね!それではまた!