BLOG

スクワットの効果、やり方

今回はウェイトトレーニング”BIG3″でもご紹介したスクワットについて更に深くご説明していきます。

“King of training”

スクワットは主に下半身のトレーニング種目に分類されます。

・大腿四頭筋

・ハムストリングス

・大臀筋

・下腿三頭筋

ですが、実際にウェイトを担いでスクワットを行うと、もちろん下半身も疲労しますが、下半身トレーニングのスクワットをしているのに肩周り、背中のあたりがキツくなる事が、あると思います。

一見、スクワットのフォームが悪い?バーベル担ぎ方が悪い?

そんな風に思う方いるかと思います。

安心してください。

そのスクワット、間違っていません。

 

もちろん、今このブログを読んでくれているあなたのスクワットのフォームを見た事がないですし、スクワットのフォームも正しいかどうかわかりません。

ですが、スクワットのフォームが正しくても肩周り、背中が辛くなることは起きます。

 

スクワットは下半身のトレーニング種目として分割はされますが、全身トレーニングなのです。

 

どういうこと?…と言いますと。

 

そもそも、ウェイトトレーニングそのものが、非日常動作なのです。

日常では味わうことのない重さを身体に与えてトレーニングするわけです。

 

スクワットの場合、日常ではあり得ない重さを肩に担ぎます。

そして、肩に担いだバーベルが後ろに落ちないよう手でしっかりと握ります。

体幹周りの力も入れなければ重さに身体が負け、真っ直ぐ立っていることもしんどいです…

そして、その全身に力を入れた状態のまま、スクワット動作をするわけです。

 

下半身以外の筋肉も披露して当然の結果ですね!

 

また、スクワット動作は立位や座位で行うトレーニング種目とは違い心臓の位置が上下します。

その分、筋肉的の疲労もありますが、心肺的な疲労も同時に起こり呼吸が苦しくなります。

 

スクワットは筋力だけではなく、体力向上へも期待できるトレーニング種目です!!