BLOG

フリーウェイトトレーニングとマシントレーニングの違い

 

ボディメイクや健康維持、体力アップを目的としジムに行ってトレーニングしている人口は、ここ最近日本でもフィットネス人口が増えてきました。

 

皆さんがジムに行って疑問の一つとなるものが、何のトレーニングをしようかなというのももちろんだと思いますが、どのマシンを使おうかなと思われる方が多いかと思います。

 

マシンの数が多く、フリーウェイトエリアが広ければ広いほど思う方が多い点だと思います。

今回はトレーニングマシンについて、

マシントレーニングとフリーウェイトトレーニングについて

お互いどのように違うのか、メリット、デメリットをお伝えしていきます。

そもそも、フリーウェイトトレーニングとは何か…!?

 

【フリーウェイトトレーニング】

バーベルやダンベルを用いてトレーニングすることを言います。

フリーウェイトトレーニングの特徴としては、負荷が重力に対して垂直にしか掛かりません。

ですので、基本下から上に向かって重りを上げるという動作で鍛えたい筋肉へ負荷を掛けていきます。

 

そして、固定されているマシントレーニングと比べて重りが固定されていないので、体幹へのアプローチも行いながらトレーニングすることが可能。

 

メリットとしては

・軌道が自由に扱えるので、様々な部位のトレーニングが可能。

・可動域を大きく確保できる。

・微調整がきく。

・体幹へのアプローチも可能。

 

デメリットとしては

・トレーニング知識がないと対象筋へ負荷をかけることが難しい。

・無理をすると怪我をする危険性がある。

 

 

続いて、マシントレーニングについてお話していきます。

【マシントレーニング】

マシン一つ一つトレーニングしたい筋肉へのアプローチができます。

軌道もフリーウェイトと違い安定しているので、トレーニング初心者の方にはオススメのトレーニング方法かと思います。

 

そして、フリーウェイトトレーニングとは違い負荷が重力に対して垂直ではなく、マシンに滑車がついているので、様々な角度から筋肉へアプローチを掛けることが可能です。

 

メリットとしては

・軌道が決まっているので、トレーニング初心者の方には安心。

・トレーニングしたい筋肉へのアプローチがしやすい。

・安全性が高い。

・重量の設定が容易。

 

デメリットとしては

・その人その人によって、可動域が狭くなる。

・個々に合わせた微調整ができない。

 

皆さんジムへ行ってトレーニングをする際、

トレーニング種目に悩んでいるあなた

フリーウェイトトレーニング、マシントレーニングどちらとも混ぜながらトレーニングしてみてください♪